タニグチコウヨウ.blog

しょーもない一瞬一瞬を切り取っていきたい。

言語化できない、だから書く

渋谷センター街ドトールにいる。

受験生だった頃からの鉄板の組み合わせ、

「ミラノサンドAのセットでぇ〜、アイスコーヒーのSでお願いしますぅ〜」

もしくは金欠非常時の

「アイスコーヒーのSください(ドヤ顔)」

で4〜5時間粘ってよく勉強したもんだ。

今日はそのどちらでもなく大学生になってから見つけた最強の組み合わせ、

「ミラノサンドAのセットで(そこはブレないのな)、ハニーカフェオレのHOTのMでお願いします(キリッ)」

をイケメン店員にカマしてやった。

………んなことはどうでもいいんです。(ドトールさんこれからもお世話になります)

今日はとあるwebメディアを運営している会社の編集インターンの面接があった。

結果から言うとボロボロだった。

「話せない」

「咄嗟に言葉にできない」

何も言えなかった。

書くことを仕事にしたいということ、

その理由、

これまで頑張ってきたこと、

就職について、

好きな作品。

どれも普段から考えていること。

のはずだったのだが、いざ声に出そうとすると、どうしても言葉にならない。焦った。本当に焦った。

終わったあと、自分に腹が立ち、情けない気持ちでいっぱいになった。

話せなかった理由はいくつか考えられる。

面接官が4名だったというのも影響がないとは言えないし、そもそも久しぶりの面接で緊張したというのもある。

でも、それ以前の問題な気もしている。

まず考えていることを言葉にして声に出すためには、普段から練習が必要だと思うが、僕はやっていなかった。

それから恥ずかしいとか、自分に自信がないとか、そういうことも関係していると思うし、それは現時点での僕にも当てはまる部分はある。

…まぁ、それが分かったところでそんなすぐに変わるものでもないだろうしなぁ。。

『言語化できない』

大学1年生からの課題を今まで引きずっている。

なんとかしたいと思って、授業では積極的に発言してきた。大学のあるサークルの代表を務めたのも、実のところこれが大きく関係している。去年の就活でも苦戦し続けた。

でも、ぼろぼろだった面接にも収穫はあった。

それは咄嗟に言葉にするのが苦手な僕のような人こそ、書くことで表現すればいいのだと、改めて考えることができたことだ。

だから今は

どうしたら話すのが上手くなるか

よりも

どうしたら面白い文章が書けるかを考えたい。

文章で勝負できるようになりたい。

まずは文章で言いたいことがきちんと言えるようになったその先に、話すことにおいての進展があるかもしれない。

ぼんやりと、こんなことをドトールに着くまでの道のりで考えた。

10